スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

列島の民は「多様性」が好みだ

18日  日曜
晴天
外が通勤時間が来ても静かだ。

ようやくわかった。
「海の日」で三連休だということが。

やれやれぼ~っとする暮らしをしていると、こんなことすら忘れるのだから、「忘れる」ということはキツイ。
今月は「海の日」
次は「山の日」
そして実りを刈り取る「勤労感謝の日」が11月にはくる。これは勤労感謝の日だが、本来は「新嘗祭」であり皇室の大事な
宗教的な儀式だと、思っている。

列島の民がどこから「来た」かの謎解きは、今なお興味津々の課題だが、沖縄では「草の船」で海流を使いこなして雄大な実験をされているという。

誇大妄想的な枠を拡大すれば、海の日は海洋民族としてのDNAが。
8月の「山の日」は山岳民族の、、。
そして、宗教的な儀式で統一をした記憶としては「皇室」の農耕の民の「新嘗祭」が11月にあるわけだから、列島の民は「統一民族」としてよりも「多様性ある民族」として、暮らしの中では平和に生きてきたのだろう。

当然に、権力のうま味を知る「集団」がその都度の国家体制を操縦することがあっても、この「多様性」という無意識の「記憶」は列島の宝物だったと、教科書的な歴史の基準を超えて、ボケ老人の頭の中や身体の中を流れているのは確かだ。

白か黒かではなく「時代ののり代」が豊かであれば、国民の暮らしもうまくいくというこの「多様性」を無意識の中からコトバとして浮上させることができる「集団」が、時の「政権」を担当できる「能力ある集団」ではなかろうかと、列島の民は敏感に感じているのだろうが、昨今の「政治村」は、さてさてどうであろうか?

テーマ : 日常雑感
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中年不良探偵団

Author:中年不良探偵団
FC2ブログへようこそ!
酒とネコをこよなく愛し旅に生きたい種族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。