スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐったりとしていた日曜日

24日  日曜
晴天
やれやれ晴天なのにボケ老人んは一人で自宅引きこもりの終日だった。

昨日のセミの声に誘われて、僕は自分も鳴いてみようと思い立ち、久しぶりにカラオケが無料で時間制の店に行ってきたからだ。

喉が妙に痛む。
アルコールが身体に染込んで抜けないのだ。

なんだか若い時分の事のようにはしゃいでしまった。
なんでも自分の好きなことがやれるのが「若いときの特権」だと思っていた。
当然にそのツケはその後にやってくるわけだが、うまくその後を生きることができない自分の能力不足を、処世術のへたくそなことばかりが現在の「ボケ老人の暮らし」に現れているわけだ。

そういえばテレビ草分け時代に能力を開花させ、余生をも「楽しく」生きられた永六輔氏、大橋巨泉氏が亡くなたことを突然に思い出していた。


「上を向いて~」の曲はあまり好きではなかった。
それに比べても水原弘 歌う「黒い花びら」は本当に好きだった。
あの低音も初めて知った。
歌は自由に、そして声も自由にでいいのだと知ったのが最初だった。

大橋巨泉では、やはりコマーシャルでの、確か万年筆宣伝の「ジャズ風」の語り口だった。
この「軽さ」というのがうらやましかった。

お二人ともあの世に旅立った。

ボケ老人もやがてはあの世にいくだろうが、あちらでも「お会い」できるのだろうか?

あの「自由さ」と「軽さ」の生き方を少しも参考にはできなかったボケ老人なので、会うとなんだか恥ずかしい限りだ。

そんなわけで、ぐったりとのびていた日曜日だった。

テーマ : 日常雑感
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中年不良探偵団

Author:中年不良探偵団
FC2ブログへようこそ!
酒とネコをこよなく愛し旅に生きたい種族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。