スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三次改造人事の妙とは

3日   水曜
蒸し暑い朝
夜半の大雨は朝にはやみ、蒸し暑い1日が始まった。

本日も猛暑で外をふらつく勇気はないままに終了なり。

安倍第3次内閣の改造人事報道が始まった。

政治村では「内閣改造人事」の妙案で政権の行方が決まるという。

すでに「石破氏、下野」が報道されている。
自民党内部での「跡目をめぐる」騒動だが、もっかのとこは静かだ。
それよりも「小池氏」をめぐる「五輪関係者」の問題だろう。

不運としか言いようがない「自転車事故」で入院した谷垣幹事長にかわり、77歳の二階氏が幹事長ポストについた。
77歳で、次はないから安全パイなのだろう。田中派の流れだ。問題は韓国、中国との距離だ。

その為か「防衛大臣」には小池氏も体験しているが、ここを政調会長からの横滑りで、タカ派と言われている稲田氏が座った。

五輪担当には環境大臣をそつなくこなした「丸山珠代」氏が遠藤氏を外して座った。森ー遠藤ー舛添のラインは微妙に崩れ始めたようだ。

面白いのは「森派」だった小池氏は小泉内閣で環境大臣をやっている。稲田ー丸山両氏の大臣体験は小池氏の後を追っているようだ。二人を競争させて、花の舞台で上手に踊れたほうが、政権の中での次が待っているのだろう。

政治村での人事というのは実にうまく演出されているのだな、と感心するばかりだ。。

テーマ : 日常雑感
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中年不良探偵団

Author:中年不良探偵団
FC2ブログへようこそ!
酒とネコをこよなく愛し旅に生きたい種族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。