スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猛暑でも楽しく生きれる

9日  火曜
早朝から猛暑
5時には起きている。
すでにセミが鳴いている。

体操にでかける。
公園の木々ではセミの応援が迎えてくれる。

汗をかけば今度は「蚊」が迎えてくれる。
こんな歓迎はダメだ。

暑さが「痛く」感じる。
後で知った数字では東京は37.2℃。
近辺では山梨県身延町で39.2℃というからあの涼しいという山並みでこの温度ではどこへも逃げれそうもないと、自宅にへばりついて1日が終わった。

時たまリオ五輪のニュースを聴く。

演技する選手はもっと熱いのだろうな、とただただ感心するばかりだ。

昨日の「平成の玉音放送」についてはあれこれの「意見」はあるだろうが、政府の提案する「専門家会議」なるものは早々に結論をだし、天皇の「象徴」なる意味を咀嚼して新たな法律を作ったりせずに、「生前退位」の道筋だけをしっかりと検討すべきだろうと、今日も思ってしまった。

今日も詩人吉本隆明の「老いの超え方」を読んでいた。
「安楽死」については吉本は反対。
生きている限り生きる、はたの人が納得する限りは生きる努力をするということ、僕はそういう考え方ですと。

なるほどなと感心するばかりだ。
なんだか生きる喜びが少なくなり、医学的な科学が大きな顔をしている。

そうではなく生きている限りはその生命はどうあってもその人の固有のモノであり、他からあれこれと言えるものではないという強い感覚が残るのだが、あの津久井大量殺人事件があったためだろう。

テーマ : 日常雑感
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中年不良探偵団

Author:中年不良探偵団
FC2ブログへようこそ!
酒とネコをこよなく愛し旅に生きたい種族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。