スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連想すると山の日とは

11日 木曜 

祝日

初めて「山の日」が始まった。

夏休みでも勤め人には休みはないが、これで木曜が休みなら金曜は休暇をとり土日連休での「お盆休み」がとれる。


暇なのでブログを書こうとしていたら「新しい書式」が宣伝されており、使ってみようと思った。

今日の投稿ということで30件も書けるというが、そんなには無理だ。


「海の日」があり「山の日」ができ、後は何が必要なのだろうか?

思いついたのは柳田国男の思考だが、海の民、山の民が共存する列島だが、何か少ない?

農耕民族の「祝日」がないのだ。


先日、今生天皇が「平成の玉音」と言われる自分の胸の内を語られた。

そうだ。

現在の憲法では「象徴」としての認知が広く認知されている。

問題は「天皇制」が持っている歴史的な「列島での基盤」だが、農耕行事に関する「祝い事」だろう。


12月23日は「勤労感謝の日」と名称が変わり祝日となっている。

この三点セットで列島の共存する「人びと」は平和を希求する民として、生きていく。


その意味では11にち「山の日」という歴史的な日を作った叡智ある担当者にお礼を言わなければならない。


それにしても暑すぎる。

きっとボケ老人は「山の日」から我が家での「山の神」なる連想で夕方から飲んでいるアルコールが恐怖に代わったのだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中年不良探偵団

Author:中年不良探偵団
FC2ブログへようこそ!
酒とネコをこよなく愛し旅に生きたい種族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。