スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巷では「外務省」を別名で、、、というのは本当だろうか?

19日   金曜
朝 豪雨
止むと猛暑
昨日と似たような動きだ。
朝方は土砂降り。
5時ごろからやみだし、日がでれば猛暑。

夕方4時ごろからは真っ黒な雲。
6時過ぎからは風も。

これでは散歩もできずボケ老人は自宅待機だ。

クーラが嫌い。
ひたすら扇風機を回す。
外が突然の豪雨では窓は閉める。

止めば「窓を全開」。
空気を入れ替えるが、湿った空気では蒸すだけだ。

それにしてもリオ五輪の全力報道の陰では、中国や韓国の動きの「話題」はない。
致し方なく、外務省勤務中に鈴木宗男氏らと「逮捕」されて」今どきなかなかには「体験」できない「獄中生活」をされた佐藤優氏の本をパラパラとめくりながら、今や「害務省」と揶揄されている「外務省」の組織的な「へっぴり腰」の、何故が判るのを読んでみた。

一冊目は「外務省に告ぐ」。
30代外務省キャリア職員でも「海外」に一回出れば、本給以外に「7千万円」ぐらいの「隠し財産」が作れるというのだから「機密費」を使わずに(情報収集などの現地活動をやらないという意味だ)自分の財布に入れれば、これぐらいの「別資産」はできるというが、外務省にいた「著者」が書いているのだから信じるレベルは高い。

二冊目は同じようなものだが「外務省犯罪黒書」だ。

これらの目次を眺めるだけでも、なるほどな~と納得できるような「外務省」の空気が判る。

巷でのウワサの「害務省」というのは正解らしい。

テーマ : 日常雑感
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中年不良探偵団

Author:中年不良探偵団
FC2ブログへようこそ!
酒とネコをこよなく愛し旅に生きたい種族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。