スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまりの青い空は危険だ

25日  木曜
晴れた日
猛暑
やけに空が青い。
台風の風が余分なものを運び去ったようだ。

朝のラジヲ体操で身体を捻り上を向けば自分の身体がロッケトになってあの青い空に吸い込まれるような危険を感じていた。

若いころならそんな気分は気持ち良い解放感に浸ることができたろう。
そうだ。
劇画の「同棲時代」の作家の描く青空だ。(この劇画作家は誰だったかを忘れているほどのボケが進行しているようだ?)

本当に暑い日だ。
午後から町内会の「おしゃべり会」があって初めて参加せてもらった。
いろいろな「意見」が飛び交う。
個人的な家庭の話しもでてくるが、そういう時は意識的に心を閉じて、記憶しないように努力する。
「知りえた」ことは口外しないという固い気持ちが必要な時間だった。

やはり共通している悩みは、遺産相続などの「重税」で暮らしの場から離れていかなければならないことや、そこに残っても今や地域の暮らしの姿さえも維持することの難しさなどが日常会話としての流れで飛び出してくる。

ぼろぼろと歯が欠けたように抜けていく地域の空間。
そこには大手企業の関係の空間が出来上がる。
2020年にむかってさらに「増殖」していくであろう「都市改革」の美名。

美しい外観のみすぼらしい「暮らしの姿」が浮かぶ。

そんな「都市改造」での歴史は、誰もが納得はしないだろう。
だが、「納得」は2020年世界のお客様を「もてなす」ためには多少の「犠牲」も仕方がないという名目で進むとすれば、2020年の五輪後の「列島」は、「怨念」と団塊世代の「ボケ現象」対象の「6~700万人」という数字が「歴史の真実」になるとすれば、こんな恐ろしき「物語」は平安時代の何もの語りに匹敵するのだろうか?

あるいは「平家物語」のごとき壮大な列島の「嘆き」が始まるのだろうか?

テーマ : 日常雑感
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中年不良探偵団

Author:中年不良探偵団
FC2ブログへようこそ!
酒とネコをこよなく愛し旅に生きたい種族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。