スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神淡路大震災、神戸の写真 防災の日に友人のブログから引用

9月1日  水曜
防災の日
青空
猛暑
8月は終わった。
セミの「残物」も増えている。
無事に恋人を見つけたのだろうか?

鳴く声も小さくなっている。
朝方の空気は涼しいというか冷たいぐらいだ。
季節が変わっていくのが身体でわかる。

「防災の日」とカレンダーには印刷されている。
10号の爪痕は岩手県での「死亡記事」でわかったが、何とも言えない人間社会だ。

自然の脅威に囲まれて生きる列島の住民。

ボケ老人も含めて防災意識をというが、どうすれば暮らしの中で「生き残る」ための「意識」が透明になっていくのだろうか?
難しい課題だ。

西田幾太郎先生は関東大震災の体験の中から語っているが、これも「お経の」ようなものだが、何回か読んでいるうちに体内にひずんでくるのだから、やはり「哲学者」としての西田先生は「大きな人」だと思う。

深い大きな自然を離れた人為的文化は頽廃に終るの外はない。大きな一枚の大理石から彫み出された様な文化であってほしい。我々はいつも眼の前にちらつく人為的文化にのみ憧れる必要はない、深く己の奥底に還ってそこから生きて出ればよい(「大震災の後に」)

ボケ老人の関西の若い「友人」は神戸の阪神淡路大震災の「写真」を記録している。
神戸湾岸震災跡地1
神戸湾岸震災跡地2
神戸湾岸震災跡地3
神戸湾岸震災跡地4



テーマ : 日常雑感
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中年不良探偵団

Author:中年不良探偵団
FC2ブログへようこそ!
酒とネコをこよなく愛し旅に生きたい種族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。