スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タオルケットではだめな時期へ突入

10日   土曜
曇天から晴天へ
猛暑
単なる猛暑ではない。

「日差し」が痛いのだ。

こんな感覚に襲われたのはいつだったろうか?
もう記憶にはないのだから、思いだせもしない。
それでも確実にあったことだけは覚えているのは不思議だ。

家人とでかけた夏の海だったろうか?
きっとそうだ。
家人に言えば「否定」するだろう。
「異なるオンナ友達」ではないかと疑うだけだろう。
だから僕だけの胸の中で反すうするだけだ。

と、いうことになれば、やはり「この感覚」はウソになるのだろう。
きっと人間はウソを記憶することで「楽な生き方」を選別しながら生きているのだろう。
特に「女性」は過去は忘れ「現在」の場を確保するために全力をつかう「動物」だからこそ「子孫」を残せるのだろうという専門家もいるようだ。

セミの声よりも「地面」でなく虫の声が増えた。
セミ族は夏を終えたようだ。
いつまでも「耳鳴り」のように響いていた声。
頭の中まで生き残った声。

朝晩の気温と昼の気温の差。

タオルケットでは寒さを感じる時期が始まった。

テーマ : 日常雑感
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中年不良探偵団

Author:中年不良探偵団
FC2ブログへようこそ!
酒とネコをこよなく愛し旅に生きたい種族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。