スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋祭りがそろそろ始まる時期だ

12日  月曜
曇天
朝からどんよりとした今にも降りそうな空模様だ。

秋祭りのポスーターが街に張り出されていた。
今月の16日から18日の三日間だ。

19日は敬老の日で祝日。
17、18、19日と三連休になる。

雨の予測は??だ。
困ったことだが、今年の「台風」はしつこい。

本日も移転先の豊洲市場の「あれこれのつじつまの合わない」状況が報道されている。
確かに「小池殴り込み部隊」の登場までは、「公開性」という場面では「何もなし」であったことは確かだ。
何回でも書いているように「行政の都の幹部職員」と都議会議員、あるいは「知事」の関係が、企業内での「派閥抗争」だとみれば主流派に「なびく都幹部職」の動きは当然だろうと思う。

問題は「都議会議員」の政党レベルではない都の利権と絡む「議員集団」とのけ者になった「議員集団」との関係だ。
知事は「この分裂した動き」の上に乗り自らの「知事の立ち位置」を確保する「政治的な」動きだ。

実体的な権力がない王侯貴族の上に君臨する「君主」なるがごとくだろう。

都の実態は「都議会議員の集団的な利権」をめぐる深層での謀略で毎日が宴と相手つぶしのいそがしさ。
その主流派の動きに合わせて「作文上手の都の幹部たち」もご相伴にあずかる宴の夜だろう。

結論を想定すれば、行政の専門家をまとめ切れない「政治村」のパワーの低下ではなかろうか?
逆の意味でいえば「官僚の天下」ともいえるのだが、これを巷では「官僚社会主義」なる用語でくくってはいる。

それでは、なんだか「公的な用語」を使えば、説明し切れたような感覚に落ち込んではダメだろうとボケ老人は思っている。

人間社会での複雑に絡み合いながら紡ぎだされる「権力」の在処を見つける「努力」だけは捨ててはいけないと思うだけだ。

テーマ : 日常雑感
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中年不良探偵団

Author:中年不良探偵団
FC2ブログへようこそ!
酒とネコをこよなく愛し旅に生きたい種族

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。